Martin(1981年生まれ)は、音と言語、リスニング、意味合いの相互関係に興味がある英国のアーティストです。彼の活動は現代作曲と即興的の音楽を中心にしていますが、より広くより曖昧な境界線によって区切られており、 彼の作品は常にシンプルで経済的です。

彼は現在、聴覚と視覚の関係と、私たちが音楽を作成する際に使用する楽譜の新しいスタイルについて研究しています。 イギリスのBarbicanやArnolfini、およびTateによって使用されています。彼は日本に居住し活動しています。

© 2020 Thomas Martin Nutt